法定相続と法定相続分

法定相続と法定相続分

人が死亡すると相続が発生します。
死亡した人(「被相続人」と言います。)が遺言で相続人を指名しなければ、民法により相続人が決定します。
これを「法定相続人」と言います。
法定相続人は、被相続人の「配偶者」(内縁関係は除く)と「」(子がいない場合孫)、「父母」(父母がいない場合祖父母)、「兄弟姉妹」(兄弟姉妹がいない場合甥・姪)と定められています。
配偶者は常に相続人になり、それ以外の相続人は次の順序で決定します。
第1順位…子
第2順位…父母
第3順位…兄弟姉妹

また、被相続人の財産は、民法に定められた「法定相続分」に従って分け合うことになります。
法定相続分は、相続人の組み合わせにより異なります。

ここからは、弊社が使用するシミュレーションソフト「My HyAA」を使ってご説明します。

親族が、配偶者、子2人、母、兄弟姉妹2人の場合

被相続人には下図のように、妻と子供2人のほかに母親と姉・弟がいました。
被相続人に1億円の相続財産があった場合、誰がいくら財産を引き継ぐのかシミュレーションします。

この場合の相続人は妻と子供2人の合計3人で、母と姉、弟は法定相続人ではありません。
相続財産の1億円は下図のとおり妻が2分の1(5000万円)、子供2人が2分の1を半分ずつ(2500万円)分け合うことになります。
「遺留分」についてはこちらの記事をご覧ください。

親族が、配偶者、母、兄弟姉妹2人の場合

次は、被相続人には子供がなく妻と母親、ほかに姉と弟の場合です。
相続財産は同じく1億円としてシミュレーションします。

この場合は、妻と母の2人が相続人となり、姉と弟は法定相続人ではありません。
下図のとおり妻が3分の2(6667万円)、母が3分の1(3333万円)相続財産を受け取ることになります。
「遺留分」についてはこちらの記事をご覧ください。

親族が、配偶者、兄弟姉妹2人の場合

最後の例は、被相続人には子供と両親がなく、妻と姉、弟しかいない場合です。
相続財産は同じく1億円としてシミュレーションします。

この場合は、妻と姉、弟の3人全員が相続人となります。
相続財産は下図のとおり妻が4分の3(7500万円)、姉と弟2人で4分の1を半分ずつ(1250万円)分け合うことになります。
但し、姉と弟(兄弟姉妹)には遺留分がありません。
このことは「争族」になりかねない大切な事なので、別の記事でお話ししたいと思います。
「遺留分」についてはこちらの記事をご覧ください。

法定相続と法定相続分のまとめ

上図の例のように、法定相続分は相続人の組み合わせにより異なります。
ほかにも幾つかの組み合わせがありますが、まとめると下表のようになります。

相続人の順序相続分
第1順位配偶者1/2
1/2子が複数の場合1/2を均等割
第2順位配偶者2/3
父・母1/3父母共いる場合1/3を均等割
第3順位配偶者3/4
兄弟姉妹1/4兄弟姉妹が複数の場合1/4を均等割