賃貸経営

固定資産税
固定資産税が節税できる!?その5

用途変更と固定資産税 固定資産税の軽減措置のうち、住宅に供する土地は、「住宅用地」として小規模宅地の特例により面積200㎡までの土地の課税標準額が3分の1から6分の1が軽減されます。一方、店舗や事務所などに供する土地は、 […]

続きを読む
固定資産税
固定資産税が節税できる!?
固定資産税が節税できる!?その4

複数の人が利用する私道 昭和50年代前半くらいまで、平家建ての貸家が多く建築されていました。同じ敷地に外観や間取りも同じ建物が何棟も建っていて、ここ四日市でも、まだ現役で賃貸している物件をいくつか見かけます。 余談ですが […]

続きを読む
固定資産税
駐車場の固定資産税軽減特例
固定資産税が節税できる!?その3

「住宅用地」の軽減特例による節税 アパートに隣接する駐車場の場合 下図のように、アパートに隣接する月極駐車場の土地が、登記上アパートと異なる土地で「非住宅用地」として固定資産税が課税されていたなら、次のようなケースでは固 […]

続きを読む
相続対策
ユニキューブ外観
小規模の土地に有効な戸建て賃貸

将来の相続に備えて、最近一戸建ての賃貸住宅を建てる人が増えています。もちろん、投資目的としての土地活用という一面もありますが、相続対策としても有効な方法です。 例えば、家族構成が夫(被相続人)と妻、子供3人で、夫名義の土 […]

続きを読む
不動産投資
FLOURISH KUBOTA
シミュレーション実例

四日市市 築12年鉄骨造3階建、1億1500万円、満室稼働中 販売中の物件を事例にしたシミュレーション(5年後に売却を想定したパターン)です。シミュレーションの設定条件は下表を参考にしていますが、運営費の各項目は実際には […]

続きを読む
不動産投資
不動産投資の指標「収益分岐率」とは

不動産投資は、常に満室であればこれ以上安心で安全な投資はありません。しかし、現実には入居者さんの入れ替えが不定期に発生します。この時、空室が何室まで耐えられるかを分析する指標が「収益分岐率」です。不動産投資の安全性を分析 […]

続きを読む
不動産投資
利回り
不動産投資の指標「利回り」とは

不動産投資において、よく耳にする「利回り」とは、「満室時における年間予想収入」を「物件価格」で割って得られた割合を指していることが多いです。一般的には「表面利回り」と呼ばれています。 例えば、物件価格が1億円、年間家賃収 […]

続きを読む
不動産投資
ソラーナ津島
収益物件選びのポイント 第1回

長年この仕事をしていると、物件を見た瞬間にお勧めできる物件か、そうでない物件か見極めることができるようになります。年に数棟はそういう物件と出会いますが、一昨年取引した物件がそのうちの一つでした。物件の概要は次のとおりです […]

続きを読む
賃貸経営
からっと堀木店、トランクルームシマット
賃貸マンション1階をコインランドリーとトランクルームに活用

近鉄四日市駅から徒歩12分ほどの市街地にあり、1階は店舗・事務所、2階から10階を住居として賃貸しているマンションです。この物件は平成29年に、弊社の取引オーナーに売買仲介させていただきました。購入後5ヶ月ほどした時、1 […]

続きを読む
賃貸経営
ザ・パーク鵜の森公園前
月極駐車場の一部をコインパーキングへ賃貸 その2

このコインパーキングは、近鉄四日市駅から南へ約500mの距離にあります。元々は敷地300坪ほどの月極駐車場で、約60台ほどの区画がありました。周辺には分譲マンションや賃貸マンション・アパートも多く、駐車場の需要が見込める […]

続きを読む